画像

不動産投資入門

初心者でも自分で買えるようになるための

不動産投資入門

著者名
竹内健太
ジャンル
投資/資産運用
発行年月
2016年6月
サイズ
四六判
頁数
264P
ISBN
978-4-86280-502-7
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

不動産投資は最初の1棟目で成功の9割が決まる!
アベノミクス、2020年東京オリンピック、マイナス金利などを背景に、現在は空前の不動産投資ブームと言える。新聞には投資セミナーの広告が連日のように掲載され、書店には毎月のように投資関連書籍の新刊が並んでいる。
しかし、本書の著者である竹内氏は、現状は確かにチャンスと言いながらも、きちんとしたビジョンや知識武装もないまま、安易に不動産投資に手を染めて、痛い目に遭っている投資家が増えていることを危惧する。特に元手をローンに頼るサラリーマン投資家にとって、最初の1棟目の選択を誤ってしまうことは致命傷だと主張する。
本書は、個人の成功談をベースに書かれている多くの煽り系の類書とは一線を画し、初めて不動産投資を始める人々が知らなくてはならないこと、考えておかなければならないことをわかりやすく解説した文字通りの入門書。中立的な立場であるプロのコンサルタントだから書ける役立つ情報や知識が満載である。

目次

第1章 なぜ今、不動産投資なのか        
第2章 不動産投資のしくみ
第3章 実践不動産投資① 目標を設定する  
第4章 実践不動産投資② 融資の受け方
第5章 実践不動産投資③ 物件の選択・購入 
第6章 実践不動産投資④ 物件の管理・運営
第7章 実践不動産投資⑤ 物件の売却    
第8章 これからの不動産投資

著者紹介

竹内健太(たけうち・けんた)

キープラン株式会社 代表取締役
不動産投資コンサルタント
1980年生まれ。神奈川県出身。設計の仕事をしていた父に連れられ、幼い頃から物件巡りや測量の手伝いをする。大学卒業後、三井不動産グループ会社に就職し、営業から営業企画、経理総務など多岐にわたる業務に従事。在職中8年間で200件以上の住み替えサポートの実績を残し、不動産投資会社にヘッドハンティング。300棟以上を販売し、50棟以上の運営管理でノウハウを学ぶ。業務の幅を広げるため、2014年に不動産投資コンサルタントとして独立。1年間で延べ1000人を超えるコンサルティングを行う。自らも6棟172戸を保有する不動産投資家である。「絶対損をさせない」をモットーにクライアントの資産運用をサポート。宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター有資格者。

著者ホームページ

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る