画像

自分の終い方

自分の終い方

元気なうちに選ぶ〝終のすみか〟

著者名
高橋寛美
ジャンル
人文/社会
発行年月
2018年3月
サイズ
四六判
頁数
248P
ISBN
978-4-86280-606-2
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

将来の不安と向き合い、しっかりと準備すれば、
老後は〝人生のプライムタイム〟になる


介護が必要になったらどうするか、老後の資金はどれくらい必要か、一人暮らしのままで大丈夫か…。
誰もが老後に大きな不安を抱えています。それはどんなことが待ち受けているかが見えないから。問題を一つひとつ分析し、しっかりと向き合えば、老後は恐れるだけのものではなくなります。
本書が示すのは、最期まで安心して暮らし、人生を全うすることができる〝終のすみか〟の在り方。自分の老後を誰かに決めてもらうわけにはいきません。いま、自分で自分の終い方を考えなければいけないのです。

目次

第1章 老後は人生のプライムタイム
第2章 いま、自分の老後を決める
第3章 老後の不安を〝見える化〟する
第4章 老後のライフスタイルを選ぶ
第5章 最後まで安心して過ごせる〝終のすみか〟

著者紹介

一橋大学卒。日産自動車、携帯電話事業会社を経て、コンサルティング業界に進出。2001年ワッツコンサルティングを設立、代表に就任。事業戦略とマーケティング、顧客視点による事業改革を得意とし、これまで製造業、サービス業、公的機関、高齢者・介護事業分野などのコンサルティングを手掛けてきた。新たに介護施設向けに特化した新サービスを提供するため、2013年にはIT介護マネジメントを設立し現在に至る。「事業戦略は、絵に描いた餅にしない!」が信条。中小企業診断士。著書に『戦略コンサルタントが書いた介護施設マネジメントの要点』(クロスメディア・パブリッシング、2016年)がある。

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る