画像

入社3年目の心得

入社3年目の心得

著者名
堀田孝治
ジャンル
ビジネス自己啓発
発行年月
2018年5月
サイズ
四六判並製
頁数
320P
ISBN
978-4-86280-618-5
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

入社3年目の仕事の取り組み方であなたの成長が決まる!

 一通りの仕事を経験し、異動があったり部下ができたりと環境の変化も多い入社3年目。
ある程度の力もついてくる頃、いわばターニングポイントに差し掛かるタイミングである。しかし、結果を求められ、さらなる成長を期待される彼らには、言葉にならないモヤモヤを抱きながら懸命に職務に励む者も多い。
 若さゆえの思い込みや間違った自信、方向性の定まらない努力などを、伸びしろのある“いま”跳ね返す力に変えることができれば、5年先、10年先も輝けるビジネスパーソンとして活躍できるに違いない。
 本書では、迷える「入社3年目」に必要な行動原則をわかりやすく解説。「PDCAとコミュニケーション」「自己変革力」「行動と習慣」「インプットとアウトプット」など、重要な分岐点に立つ世代に必要なポイントが存分に盛り込まれている。「どんな場所でも仕事ができる人になる」心得が身につき、3年目以降もくり返し読み返したくなる究極の1冊。

目次

■第1章なぜ「入社3年目」が大事なのか
■第2章「どこで、何をやってもできる人」になるには
■第3章「仕事の原則」を知る~7つの行動原則~
■第4章ビジネススキルを「原則」で使いこなす
■第5章「自己変革力」をマスターする
■第6章自分が望むキャリアを実現する

著者紹介

■クリエイトJ株式会社 代表取締役

 1989年味の素株式会社に入社。営業としてキャリアをスタートし、3年目には大きな成果を挙げ、仕事ができる〝つもり″になって本社のマーケティング部門に異動するも、挫折し、心身の調子を崩し、30歳で9カ月の休職となる。
 復職後、その挫折と失敗をはじめて振り返り、失敗の本質を発見。自己変革に着手する。人事部に異動後は、持論をより専門的に磨きながら、他者にも役立てるべく、教育体系を再構築し自らも講師として研修に立つ。その後、広告部マネージャーを経て、2007年にプロの企業研修講師として独立する。
 
 「20代の自分が受けるべきだった研修」をコンセプトに「7つの行動原則」研修プログラムを開発。するとたちまち大手企業を中心に、様々な業種、職種の企業で主に「3年目研修」として導入・定着し、2018年現在では、のべ1万人以上の若手ビジネスパーソンが「7つの行動原則」研修を受講している。2017年に八ヶ岳は原村にも拠点を設け、都会と田舎との2拠点「両立」生活を開始。
 自らも「7つの行動原則」を軸にした自己変革・成長の取り組みとワクワクするビジネス&ライフを実践中。

著書に『生まれ変わっても、この「仕事」がしたい』(ファーストプレス)、『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』(総合法令出版)などがある。

著者ホームページ

同ジャンルの書籍

課長の心得

■課長の心得

安部哲也:著

定価 (本体 1,500円+税)

これからの時代に求められる「課長力」が最速で身につく!...

経営者の心得

■経営者の心得

新 将命:著

定価 (本体 1,500円+税)

経営には、国境や業種を超えた原理原則がある!
 時代とともに経営環境は変わるものとはいえ、国境や業種、規模の違いはあっても、優れた経営に共通する経営の原理原則というものがあり、また優れた...

取締役の心得

■取締役の心得

柳楽仁史:著

定価 (本体 1,500円+税)

伸びる会社は、取締役が違う!
社長の「右腕」として、企業経営の中枢を担う取締役。部長や課長といった単なる管理職とはまったく異なる存在である。法律上もその義務や責任について明記されており、...

編集者より

この本は、今まさに「入社3年目」の方に読んでほしい内容です。一通りの仕事を経験した入社3年目は異動があったり、部下ができたりと環境の変化も多く、ある程度の力もつく、いわばターニングポイント。
 本書は、そんな若さゆえの思い込み、間違った自信、方向性の定まらない努力などを持った「入社3年目」に送る、究極の1冊です。
 5年先も、10年先も輝けるビジネスパーソンになるため「どんな場所でも仕事ができる人になる」心得を身につけませんか?(編集担当:佐藤)

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る