画像

死ぬときに後悔しない生き方

4000人のいのちによりそった“看取りの医者”が教える

死ぬときに後悔しない生き方

著者名
内藤いづみ
ジャンル
エッセイ/読みもの
発行年月
2019年1月
サイズ
四六判
頁数
232P
ISBN
978-4-86280-658-1
税込価格
1,404円(本体 1,300円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

在庫状況:×  ただいま在庫がなく、一時的に注文を受け付けられません。

内容紹介

人生の残り時間は意外と短い。
本当に大切なものを大切にするために、
いま、やっておくこと。やらなくてもいいこと。


自分がもうすぐ死ぬとしたら、誰と一緒にいたいか、何を伝えたいか、どこで過ごしたいか、やり残したことはないか。
その答えは人それぞれですが、見事にその願いを叶える人もいれば、残念ながら不本意な最後を迎える人もいます。
死ぬときに後悔しないために、私たちは何を考え、どう生きればいいのか。在宅ホスピス医として、死に逝く人たちのいのちに寄り添い続ける著者が、21の「いのちのエピソード」を通してメッセージを伝えます。本書の主人公は、この世を去った人たち。しかし、そこに書かれているのは、「死に方」ではなく、「生き方」です。

目次

第1章 人が最期に望むこと
第2章 人は生きてきたように死んでいく
第3章 やり残しのない人生を
第4章 大切な人が旅立つとき
第5章 最期まで「いま」を生きている

著者紹介

在宅ホスピス医。ふじ内科クリニック院長、大正大学客員教授。1956年、山梨県生まれ。福島県立医科大学卒業。三井記念病院内科、東京女子医科大学第一内科などでの勤務を経て、1986年、英国に移住。プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受け、1991年、帰国。1995年、山梨県甲府市にふじ内科クリニックを設立。院長として在宅ホスピスケアを実践するとともに、全国で講演を続けている。テレビ・ラジオ番組などへの出演も多数。ホスピス・在宅ケア研究会やまなし代表、山梨県青少年協会理事長なども務める。著書に『あなたと話がしたくって 内藤いづみ対談集』『最高に幸せな生き方と死の迎え方』『改訂版 あした野原に出てみよう』(以上、オフィスエム)、『笑顔で「さよなら」を 在宅ホスピス医の日記から』(KKベストセラーズ)、『あなたが、いてくれる。 在宅ホスピス医 いのちのメッセージ』『いのちの不思議な物語』(以上、佼成出版社)など多数。

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る