画像

武器になる読書術

「脳」と「本」の持つ可能性を最大化する

武器になる読書術

著者名
宇都出雅巳
ジャンル
ビジネス自己啓発
発行年月
2021年9月
頁数
240P
ISBN
978-4-86280-815-8
税込価格
1,540円(本体 1,400円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

“読書で”頭の回転を速め、アウトプット力も高める!

※本書は2017年9月、小社より刊行した『サクッと読めてアウトプット力を高める 集中読書術』を改題したものです

わたしたちが学校で教えられてきた「ゆっくり・じっくり」の読書方法。しかし、脳科学と認知科学の分野では、この読み方がビジネス書や新書、専門書などの書籍には適さないことがわかっています。実際、「時間をかけて1冊読み終わったのに何も頭の中に残っていない」という経験をしたことがある方も多いでしょう。

そこで本書では、情報や知識を体系的にまとめた本で効果を発揮する読み方を解説。「ウィルパワー(意志力)」と「ワーキングメモリ(作業記憶)」といった脳のしくみを最大限活用した効果的な読書方法を紹介しています。「ビジネス書を活用できない」「専門書を読み進められない」「そもそも読書が苦手」、そんな人にこそ知ってほしい、実践してみてほしい読書術です。
これまでの読み方を手放せたとき、あなたの読書は劇的に変わっているはずです!

目次

序章  スマホ時代に「本」を読むべき理由と読み方
第1章 ウィルパワーとワーキングメモリを使いこなす「武器になる読書術」
第2章 いつでもどこでも読み始められる読書のコツ
第3章 止まらずに読み終える人の「本との向き合い方」
第4章 「潜在記憶」と「本の難易度」を操り、集中をキープする
第5章 実践!「武器になる読書術」6つのステップと5つのコツ
第6章 頭の回転を速め、アウトプット力を高めるために

著者紹介

宇都出雅巳(うつで・まさみ)

トレスペクト教育研究所代表。1967年生まれ。東京大学経済学部卒。出版社、コンサルティング会社勤務後、ニューヨーク大学に留学しMBAを取得。その後、外資系銀行を経て、2002年に独立。企業や個人向けに研修や講座、セミナーなどを提供する、トレスペクト経営教育研究所(現・トレスペクト教育研究所)を設立する。30年以上にわたり、速読を自らの読書および試験勉強で実践研究し、脳科学や心理学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自の読書法・勉強法=KTK(高速大量回転)法を確立。受験生・ビジネスパーソン向けの講座・個別指導を行うほか、記憶の持つ力を活用したコミュニケーション、マネジメント、コーチングなどの企業研修や予備校講師の指導も行っている。これらの活動が注目を集め、NHKをはじめとした、テレビ、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアに出演。専門家サイトAll About「記憶術」ガイド。著書に『「1分スピード記憶」勉強法』(三笠書房)、『どんな本でも大量に読める「速読」の本』(大和書房)、『合格(ウカ)る思考』(すばる舎)、『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』(マガジンハウス)、『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』(クロスメディア・パブリッシング)、『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』(クロスメディア・パブリッシング)、『ミスしない大百科』(共著、SBクリエイティブ)など多数。訳書に『売り込まなくても売れる!実践編』(ジャック・ワース著、フォレスト出版)、『コーチング・バイブル』(ヘンリー・キムジーハウス他著、共訳、東洋経済新報社)、『応用インプロの挑戦』(テレサ・ロビンズ・デュデク他著、共訳、新曜社)がある。
ホームページ
https://www.utsude.com/
ブログ「だれでもできる!速読勉強術」
https://ameblo.jp/kosoku-tairyokaiten-ho/

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る