画像

私たちは思い込みから逃れられない?

私たちは思い込みから逃れられない?

「認知バイアス」を正しく活用する方法

著者名
鈴木敏昭
ジャンル
心理/精神世界
発行年月
2022年12月
サイズ
A5変
頁数
304P
ISBN
978-4-86280-879-0
税込価格
1,980円(本体 1,800円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

ヒトってそもそも不合理だ。

偏りがある思い込みの力は、あなたが想像する以上に絶大なものです。「認知バイアス」という言葉が知られてきていますが、はたして正しく認知されているでしょうか? 言葉ばかりがひとり歩きして、“認知バイアス=取り除かねばならないもの”と、その認識自体にもバイアスがかかっていないでしょうか?

そういった観点から本書では、心理学実験や研究、論文を例にとり、あくまでニュートラルな立ち位置で、改めて「認知バイアスとはなんなのか」を解説します。そして、単なる認知バイアスの紹介にとどまらず、「思い込みを突き止める方法」「思い込みの脱却法」「思い込みを遊んで活用する方法」を解説・紹介しているという点で、本書はいわゆる「認知バイアス」本と大きく異なります。

この1冊で文字通り、認知バイアスのすべてがわかるはず!

目次

第1章「不合理な思い込み」としての認知バイアス
第2章 認知バイアス・思い込みとは何か
第3章 思い込みをもたらす「思考プロセスとしての認知バイアス」
第4章 思い込みの突き止め法
第5章 思い込みからの脱却と活用

著者紹介

鈴木敏昭(すずき・としあき)

1950 年東京生まれ。77 年横浜国立大学教育学部卒業。85 年に京都大学大学院教育学研究科(博士課程)単位取得満期退学。85 年鳴門教育大学助手、87 年四国大学講師。96 年から2018 年まで四国大学教授を務める。専門分野は自己意識心理学。現在の研究テーマは、意識のハーダープロブレム。
著書に『自己意識心理学概説』(北樹出版)、『自己成立の発達心理学』(ふくろう出版)、『思い込みの心理学』(ナカニシヤ出版)、『面白心理テスト ―パーソナリティ心理学入門―』(日本図書刊行会)、『人生の99%は思い込み』(ダイヤモンド社)、『「私」という最大の謎』(幻冬舎)などがある。

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る