七田眞のCD対談

一覧へ戻る

七田眞のCD対談シリーズ

七田眞のCD対談 Vol.14

新しい日本の教育を考える

<対談ゲスト>濤川栄太

多くの非行少年を救ってきた濤川栄太氏が、今後の日本の教育のあり方、日本の進むべき道を指し示す!

<内容>
●吉田松陰を育んだ幼児期ストイシズム
●子どもの時こそ暗記させて思考力を養え
●読書のパワーで誰もが若返る
●不治の病を克服した「思い」の強さ
●子どもは「親の愛」に飢えている
●「滅私奉公」ではなく「活私奉公」
●これからは「地球益」で生きる時代
●「世界から感謝・尊敬される国」をめざせ

ゲスト
濤川 栄太
構成
CD2枚組
収録時間
約105分
税込価格
5,250円(本体 5,000円)

注文数

対談ゲスト紹介

濤川 栄太(なみかわ・えいた)

(1943年-2009年)
東京生まれ。
立教大学経済学部経済学科・文学部教育学科卒業。
20年の教師生活を経て、哲学者、教育学者、濤川平成塾塾長。
日本教育文化研究会代表。国家戦略研究会議創立者。日本と世界の子どもたちを救う会代表。

「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)のコメンテーターや、「テレホン人生相談」(ニッポン放送)の常任回答者をつとめる。
主な著書に、『今、父は子に何を語るべきか』(サンマーク出版)、『心を鍛える偉人伝』、『子どもは「抱きしめて」育てなさい』(共に中経出版)、『子どもよ死ぬな!』(ポプラ社)、『病気は必ず治る! 涛川栄太、死の淵からの帰還、闘病記 二十の難病克服の教訓』(ヒューマンアソシエイツ)など多数。

ホームページ
濤川平成塾

ページの先頭へ戻る