画像

海外投資家に日本の不動産を売る方法

海外投資家に日本の不動産を売る方法

著者名
金子嘉徳
監修など
平野克典・羽生明彦
ジャンル
投資/資産運用
発行年月
2016年12月
サイズ
四六判
頁数
256P
ISBN
978-4-86280-532-4
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

なぜ中国人は日本の不動産を“爆買い”するのか?
 日本の不動産市場に中国人を中心とする海外投資家の熱い眼差しが注がれている。市場に安定感があり、さらに2020年オリンピック開催などによる価値向上が見込める東京の不動産が魅力的な投資対象となっている。また、将来日本への移民を念頭に置いた経営管理ビザ取得が目的という背景もある。
 日本の資産家や不動産投資ブームでオーナーになった投資家にとって、購買力のある海外投資家は魅力的な売却先であるが、外国人との取引ということで様々な不安を抱き、躊躇している人も多い。
 本書は、海外投資家が日本の不動産に強い関心を持っている背景を説明した上で、外国人との不動産取引のプロセスや注意点を詳しく解説し、外国人との不動産取引のさらなる活性化を促すものである。

目次

第1章 ますます高まる東京圏の不動産の魅力
第2章 なぜ、中国人が日本の不動産に殺到するのか
第3章 これが中国人の不動産投資スタイルだ
第4章 これが海外投資家のバリューアップ方法だ
第5章 オーナーから見た中国人に売るメリット
第6章 外国人との取引手続きの概要と交渉する際の注意事項
第7章 信頼できる業者の選び方

著者紹介

金子嘉徳(かねこ・よしのり)

株式会社フロンティアグループ 代表取締役
1974年生まれ。米国ミズーリ大学コロンビア校卒業。同大在学中に北京大学に交換留学。日系商社及び外資系企業勤務を経て、当時東証一部上場の金融グループ企業に転職し、在職中32歳の最年少で取締役に就任。また在職中、中央大学大学院国際会計研究科(MBAコース)を首席卒業。2008年株式会社フロンティアグループを設立し、代表取締役に就任。不動産事業を中心に、M&A、人材紹介など、多様なビジネスを手がけている。

著者ホームページ

同ジャンルの書籍

不動産投資入門

■不動産投資入門

竹内健太:著

定価 (本体 1,500円+税)

不動産投資は最初の1棟目で成功の9割が決まる!
アベノミクス、2020年東京オリンピック、マイナス金利などを背景に、現在は空前の不動産投資ブームと言える。新聞には投資セミナーの広告が連日のように掲載さ...

不動産投資で陥る55のワナ

■不動産投資で陥る55のワナ

小林大貴:著

定価 (本体 1,500円+税)

不動産投資の市場は、今まさに活況の渦中にある。不動産投資における成功の秘訣を書いたノウハウ本も多く発売されている。大半は不動産投資の成功マニュアルを公開し、「不動産投資をやろう!」「不動産投資はこうや...

中国人とうまくつきあう実践テクニック

■中国人とうまくつきあう実践テクニック

吉村 章:著

定価 (本体 1,300円+税)

中国ビジネスに携わるビジネスマンが知らなくてはならない中国人理解の実践ノウハウが満載!...

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る