七田眞のCD対談

一覧へ戻る

七田眞のCD対談シリーズ

七田眞のCD対談 Vol.7

「腹の主」の声を聞いて生きる

<対談ゲスト>片岡 鶴太郎

ものまねに始まり、俳優、ボクサー、そして画家と多彩な活躍を続ける片岡鶴太郎さんの秘密を探る!

<内容>
●絵画に開眼するまで
●心の語り合いから生まれる絵
●人生の転機とボクシング
●学びの基礎は「ものまね」にあり!
●驚異の成績アップを実現させた中3の夏休み
●「弟子入り」で芸能の道へ
●「腹の主」に従って、自分の人生を歩む
●誰にでも聞こえる「腹の主」の声

ゲスト
片岡 鶴太郎
構成
CD2枚組
収録時間
約122分
税込価格
5,000円(本体 4,762円)

注文数

対談ゲスト紹介

片岡 鶴太郎(かたおか・つるたろう)

1954年、東京・西日暮里生まれ。
幼少の頃より役者になることを夢見て、 高校卒業後、片岡鶴八に弟子入り。
子ども時代から得意だったものまねを中心に、 テレビのバラエティ番組などで人気を博す。

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞するなど 俳優として映画やドラマなどに出演する一方、 1988年にプロボクシングのライセンスを取得するなど、 多彩な活躍を見せている。

近年では画家としての活躍もめざましく、 1995年に東京で初の個展を開催。
以来、全国各地で個展を開き、高い評価を得る。
2001年6月には初の海外個展をパリで行い、 成功させている。

主な著作に、
『片岡鶴太郎画集1~10』
『片岡鶴太郎ガラス作品集』(以上、近代映画社)
『筆のゆくまま、心のままに―片岡鶴太郎半生記』(生活情報センター)
『無画夢中』(佼成出版社)
などがある。

片岡鶴太郎オフィシャルホームページ
TSURUTARO

ページの先頭へ戻る