画像

取締役の心得

取締役の心得

著者名
柳楽仁史
ジャンル
経営/マーケティング
発行年月
2014年8月
サイズ
四六判
頁数
272P
ISBN
978-4-86280-414-3
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

伸びる会社は、取締役が違う!
社長の「右腕」として、企業経営の中枢を担う取締役。部長や課長といった単なる管理職とはまったく異なる存在である。法律上もその義務や責任について明記されており、自社だけでなく、社外的にも責任は重い。
しかし、取締役の中には取締役就任を「人生のゴール」「今日からエグゼクティブ」などと勘違いしたり、本来求められている役割を果たしていない人が多いと著者は指摘する。
本書は、多くの企業の幹部研修を手がけ、自身も船井総合研究所グループの役員として重責を担う著者による文字どおり「取締役の心得」。会社の中で「取締役」が果たすべき役割や責任、管理職が取締役になった途端に陥りがちな錯覚、トップ(代表取締役)との人間関係のあり方、取締役に求められる教養・スキルなどについて具体例を挙げながら述べていく。これから取締役になる人やすでに取締役に就任している人はもちろん、経営者が自社の取締役に読ませるテキストとしても有用である。

目次

第1章 取締役とは何か?
第2章 組織論からみた取締役の役割
第3章 法律論からみた取締役の役割
第4章 取締役を待ち受ける「落とし穴」と「巧妙な罠」
第5章 こんなとき、取締役はどうすべきか
第6章 トップと取締役の人間関係学
第7章 デキる取締役の共通要素

著者紹介

柳楽仁史(なぎら・ひとし)
株式会社船井総研ホールディングス 執行役員CSR・IR室担当
株式会社船井総研コーポレートリレーションズ 代表取締役

兵庫県出身。関西学院大学商学部卒業。1992年船井総合研究所に入社。株式会社船井情報システムズ 代表取締役常務、株式会社船井総合研究所 経営統括室副室長、同執行役員社長室長などを経て、現職。内部マネジメント業務の責任者を歴任する傍ら、経営コンサルタント業務にも従事、幹部社員教育や社員の自発性を誘発する自活組織づくり、新規事業の開発と展開などに数多く携わる。主に年商10億~100億円の中堅企業を得意とし、不動産賃貸管理業に多くの支援先を持つ。
主な著作に『デキる社員は社長を使う! 幹部社員のための社長の「使い方」と「仕え方」』『フナイコンサルティングマニュアル』(編集責任者)『不動産会社はワインを売れ! 今すぐ客単価を伸ばせる新発想』『ストーリーでわかる 部下のポテンシャルを120%発揮させる「やる気」のルール』(以上、すべて総合法令出版)などがある。

著者ホームページ

著者の書籍

部下のポテンシャルを120%発揮させる「やる気」のルール

■部下のポテンシャルを120%発揮させる「やる気」のルール

柳楽仁史:著

定価 (本体 1,300円+税)

小説でわかる、指示待ち社員を自律型社員に生まれ変わらせる実践ノウハウ
「部下が受け身で指示されたことしかやらない」「当事者意識に欠ける」--。多くの経営者や管理職が抱えている悩みである。企業が「人」で...

同ジャンルの書籍

勝ち残る経営の本質

■勝ち残る経営の本質

新 将命:著

定価 (本体 1,400円+税)

伝説の外資トップが、半世紀にわたるビジネス経験をもとに勝ち残る企業創りの要諦を伝授!
日本経済の停滞とともに、かつて多くの分野で世界一の座を誇った日本企業の地盤沈下が顕著となっている。国内市場の縮小は...

元NO.1外資系コンサルタントが教える逆説の思考

■元NO.1外資系コンサルタントが教える逆説の思考

菅 正至:著

定価 (本体 1,400円+税)

まず常識を疑え! 外資系企業の要職を歴任した著者が体験から導き出した珠玉の「気づき」!
先行き不透明な時代にあって、経営者及び経営幹部は日々様々な意思決定を迫られている。かつてのように「...

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る