画像

競争としてのマーケティング

競争としてのマーケティング

著者名
丸山謙治
監修など
ジャック・トラウト(序文)
ジャンル
経営/マーケティング
発行年月
2016年11月
サイズ
四六判
頁数
256P
ISBN
978-4-86280-527-0
税込価格
1,620円(本体 1,500円)

注文数

>オンラインショップでも商品を購入する事が出来ます。

内容紹介

「お客様は神様」ではもはや生き残れない!
「現代マーケティングの父」と呼ばれるフィリップ・コトラーが定着させた顧客志向は今やマーケティングの代名詞となり、誰もが「顧客第一主義」を唱え、「お客様は神様」的なやり方で成功できると考えている。しかし、その結果、現実に起こっているのは「類似品」のジャングル、すなわち同じような製品・サービスの氾濫である。顧客志向は確かに重要だが、それだけでは競争に勝てない時代が到来しているのである。

 本書はコトラーと並ぶ米国マーケティング界の巨匠であり、日本でも星野リゾート星野佳路氏、日本ネスレ高岡浩三氏、元日本コカコーラ・現資生堂の魚谷雅彦氏など錚々たる経営者から信奉されているアル・ライズとジャック・トラウトの唱える「競争志向によるマーケティング戦略」を解説したもの。ロングセラー『ポジショニング戦略』をはじめとする彼らの著作のエッセンスを日本企業の事例をまじえてわかりやすく紹介する。

市場成熟化と少子高齢化でますます競争が激化することが予想される日本のビジネスパーソンにとって必読の書である。

目次

序文~日本の読者へ~
はじめに
「マーケティング界のレジェンド」、アル・ライズとジャック・トラウトとは
本書の構成

第1章 顧客志向ではなく、競争志向で考えよ
第2章 心を制する者がマーケティングを制す
第3章 マーケティングの要はポジショニングだ
第4章 戦術が戦略を決定し、戦略が戦術を動かす
第5章 すべては「優勝劣敗」の定理に基づく
第6章 マーケティングの常識を疑う
第7章 マーケティングも人生と同じ

巻末資料 アル・ライズ&ジャック・トラウト 主要著書の紹介
あとがき
参考文献

著者紹介

丸山謙治(まるやま・けんじ)

カリフォルニア大学バークレー校エクステンション認定マーケター

1957年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。株式会社リクルート勤務を経て、攝津板紙株式会社(現レンゴー株式会社)に入社。米国デンバー大学ビジネススクールに社費留学した後、シリコンバレーの米国企業に出向し、マーケティング業務に従事。帰国後も米国系企業の取締役マーケティング本部長を歴任する。

現在、株式会社サンオクスにてゼネラルマネージャーとして主に新規事業のマーケティング戦略を担当する。世界的に有名な戦略コンサルタントであるジャック・トラウト氏と親交があり、氏の競争志向型マーケティングを日本で提唱する第一人者として、セミナーや社員研修などの講師も務める。

著書に『競合と戦わずして勝つ戦略』、訳書に『実戦ボトムアップ・マーケティング戦略』(いずれも日本能率協会マネジメントセンター刊)がある。

同ジャンルの書籍

通勤大学MBA2 マーケティング(新版)

■通勤大学MBA2 マーケティング(新版)

グローバルタスクフォース:著

定価 (本体 830円+税)

ロングセラー「通勤大学MBA2マーケティング」が10年ぶりにリニューアル! モノが売れない今の時代、どのような業種のどのような部署に所属しているビジネスパーソンでも、マーケティングの発想と知識が必要だ...

中国市場で日本の商品を「高く売る」ためのマーケティング戦略

■中国市場で日本の商品を「高く売る」ためのマーケティング戦略

中野好純:著

定価 (本体 1,500円+税)

マーケティングのセオリーに基づく中国市場の攻め方
 2012年に発生した尖閣諸島問題が引き起こした反日デモによって日中関係は極度に悪化した。中国経済自体の成長鈍化、環境汚染、民族紛争など...

オンラインショップ

※支払方法、配送日、手数料、在庫状況等は各店で異なります。

ページの先頭へ戻る