コラム

■今週の市場展望

11/20号 特集:「今回の株高は少しヘン?」と思わない方がヘン!?

著者:青柳孝直

初めに断っておきたいのは「日本の株価上昇の全てに懐疑的ではない」という点である。日本の株式市場は、戦前も戦後もいわゆる株屋気質の色濃い世界であり、煽りに煽って、結局はあらかじめ仕込んだ株式を投資家に高値で売りつけて、大相場をスリ抜けてきた歴史だからである。それが要因のない上昇を快く思わない所以である。

■今週の市場展望

11/13号 特集:浸透し、日常化する世界のスポーツ

著者:青柳孝直

11月7日。立冬。10月ギリギリまで襲来した巨大台風で実感はなかったが、ラジオの深夜放送で、槇原敬之「冬がはじまるよ」のメロディが流れた時、そうかまた冬が来るのか…我に返った。寒さより2017年の野球シーズン終了を肌で感じる昨今である。

■今週の市場展望

11/6号 特集:現代政治家のいう「改革」の本質は何か

著者:青柳孝直

10月22日の第48回衆院選挙の後、日本の世相はフラフラ揺らめいている。「なぜ解散する必要があったのか」を明確にしないまま、選択される政治家に明確な確信もなく、主義主張もないまま、“就職活動のような選挙戦”に、“ふっきれない何か”が燻り続けている。ここで整理しておかねばならないだろう。

■今週の市場展望

10/30号 特集:シャボン玉、屋根まで飛んだ。そして壊れて消える…

著者:青柳孝直

この10月、東京は15日間連続の雨。127年振り(!?)の珍事だそうである。台風21号が接近・上陸し、秋雨前線を刺激し、日本列島全体に大量の雨を降らせた。そんな中での22日の第48回衆院選だった。

■今週の市場展望

10/23号 特集:ソニー・イヌ型ロボットAIBO再び

著者:青柳孝直

これまの人生で、家族には絶対そうは見えなかったようだが、実は猫好き、犬好きである。特に実弟が長年犬を飼っていたこともあって、犬を飼いたいと切実に思ったこともある。だが、生き物には寿命がある。その寿命の尽きる時や、日常の食料や排泄の世話を考え、衝動的・発作的な行動をギリギリで押しとどめていた。

■今週の市場展望

10/10号 特集:スマホが変えた消費性向

著者:青柳孝直

最近見かけた消費関連データでおや!?と思わせるものがいくつかあったので、羅列してみたい。総務省の家計調査によると、2016年の世帯消費額(1カ月)は310,389円。これは日本のバブル絶頂期の88年(以下88年)の307,204円とほぼ同額。

ページの先頭へ戻る